鄭周河(チョン ジュハ)写真展 「奪われた野にも春はくるか」

鄭周河写真展関連の情報をお知らせしていきます。

ご挨拶―実行委員会解散のお知らせ

 鄭周河写真展「奪われた野にも春は来るか」の巡回展示に際しまして、皆様にはたいへんお世話になりました。私たち実行委員会は、本日をもっていったん使命を終え、解散の運びとなりましたことをお知らせいたします。この間、日本各地6か所における巡回展示の会場関係者をはじめ、皆様のご協力に改めてあつくお礼申し上げます。
 2011年の東日本大震災とそれに続く福島第一原発の大事故のあと、いてもたってもいられないような思いで始めた活動でしたが、その経緯と内容は、『奪われた野にも春は来るか―鄭周河写真展の記録』(高文研)という書籍として刊行したしましたので、ご覧下さるようお願い申します。また同書は韓国においても本年3月、『다시 후쿠시마를 마주한다는 것(再びフクシマに向かい合うということ)』(반비)という書名で翻訳刊行されました。
 本実行委員会の活動は皆様がお寄せ下さった浄財のみによって行われました。その会計報告はブログに公開しております。
 本実行委員会の活動はここで閉じますが、いうまでもなく「フクシマ」は収束しておりません。むしろ放射線による健康被害は今後さらに顕在化してくるものと思われます。
今月14日に熊本で起きた大地震の被害はこの原稿を書いている現在も続いており、昨年夏、再稼働が強行された鹿児島県の川内原発や、愛媛県の伊方原発、佐賀県の玄海原発が危機に瀕しています。福井県の高浜原発では来る7月にも再稼働という動きがあります。
「フクシマ」から5年。私たちはむしろ、国家と企業による理不尽な暴力を目の当たりにして来たといえます。当然のことながら私たちがおこなった写真展に、その暴力を即座に阻む力はありませんでした。しかし、放射線の半減期と同様、私たち個々人の人生よりもはるかに長い時間尺度の中で、このささやかな活動が人類の覚醒のための一つの肯定的な働きとなることを期待したいと思います。
ここに実行委員会は解散しますが、私たちの投じた小石が静かに波紋を広げるかのように、さらに各地で引き続き鄭周河写真展を行っていく動きもあります。
重ねてご助力にお礼申し上げます。

2016年4月20日
鄭周河写真展「奪われた野にも春は来るか」実行委員会


  1. 2016/04/20(水) 21:05:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

写真展会計報告

ここに「奪われた野にも春は来るか」鄭周河写真展実行委員会の会計報告をいたします。
予定よりも大変遅くなりましことお詫び申し上げます。

収入の部
◆寄付  152万0182円
◆写真集やポストカードなどの売り上げ 57万6965円
◆利子 233円

収入合計 209万7380円

支出の部
●鄭周河さんの渡航費および取材支援費(計5回) 41万6000円
●作品搬出料 28万8000円
●会場費 15万円
●広報費(冊子、ポスター、ビラ) 26万6560円
●写真集仕入れ 24万4700円
●交通費(鄭さんおよびスタッフ) 19万4774円
●宿泊費(同上) 3万7000円
●通訳(6件) 12万円
●取材協力費 3万4450円
●学生アルバイト謝金 3万8410円
●交流会費(2件) 1万1000円
●送料 4850円
●事務用品費 7756円
●『奪われた野にも春は来るか』編集制作協力費(5人) 28万1460円
●振り込み手数料(7件) 2420円

支出合計 209万7380円

ご協力ありがとうございました。




  1. 2016/04/20(水) 21:03:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ドキュメンタリー作品「自然と兆候/4つの詩から」

福島県在住の映像作家、岩崎孝正さんが東北芸術工科大学大学院在学中に制作した作品「自然と兆候/4つの詩から」をご紹介します。


自然と兆候


『「自然と兆候/4つの詩から」は、一人のドキュメンタリー映画監督、二人の写真家を撮影したドキュメンタリー映画だ。オーストリアの映画監督ニコラウス・ゲイハルター、韓国の写真家チョン・ジュハ、北海道の写真家露口啓二の三名を撮影している。みな福島を舞台に撮影している。だが、共通の問題意識を持っているわけではない。同じ対象を撮りに来たわけでもない。三者は問題意識は違えど、継続する作業として福島を選択している。』(作品サイトより引用)

昨年の山形国際ドキュメンタリーにて上映され、今年はベルギー、ポーランドでの上映が決定しているそうです。

現在作品サイトを準備中だそうですので、お知らせがきたらまたご紹介させていただきます。


  1. 2016/04/13(水) 21:55:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

詩人会議HPとTwitterのご紹介

2013年5月当時、東京でのギャラリートークを文字起こしして掲載してくださったり、「奪われた野にも春は来るか」以後の鄭周河さんの活動をひきつづき紹介してくださっている「詩人会議」HPをご紹介します。

詩人会議 HP

詩人会議 Twitter

HPは今後もリンクさせていただくことになりました。(本サイト左下に)
  1. 2016/04/09(土) 17:10:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

「奪われた野にも春は来るか」鄭周河写真展の記録/高文研

「『奪われた野にも春は来るか』鄭周河写真展の記録」高文研は、4月23日から写真展が始まるアウシュビッツ平和博物館でもお求めになれます。
2013年から2014年に国内6カ所で行われた各写真展会場における対話の記録です。

記録本

来たる4月24日には、福島県白河のアウシュビッツ平和博物館にて、鄭周河さん、徐京植さん、高橋哲哉さんによる再びのギャラリートークがあります。
2016年の現在、どのような対話がなされるのか楽しみでもあります。


  1. 2016/04/05(火) 20:19:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

韓国podcastのご案内

韓国で出版された「奪われたのにも春は来るかー鄭周河写真展の記録」の韓国版「다시 후쿠시마를 마지한다는 것(ふたたびフクシマに向き合うということ)」について、鄭周河さん、徐京植さんがそれぞれ韓国のポットキャスト放送でお話されています。(韓国語です)

時事統〜16.03.08放送分 ゲスト徐京植さん

CBS標準FM時事jockey〜16.03.10放送分 ゲスト鄭周河さん


  1. 2016/03/23(水) 13:15:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

出版記念トークin seoul のご報告

2016年3月4日に、ソウルの光化門にある「蒼い歴史アカデミー」にて出版記念のブックコンサートがひらかれました。
会場には日本でのトークよりも若い世代の方々が目立ちました。


韓国版表紙
「『奪われた野にも春は来るか』鄭周河写真展の記録」のハングル版「ふたたびフクシマに向き合うということ」の表紙です。



声楽家
会の始まりは力強いバリトンの歌声。
「奪われた野にも春は来るか」歌詩/李相和をはじめ3曲をうたう「民衆の声楽家」ソン・ヒョンサンさん。


出版記念トーク1
スライドで作品を紹介されながら、福島のこと、撮影時のエピソードを語る鄭周河さん。
「事故が起きた福島にだけ関心を持つわけではなく、事故が起きる以前から関心を持ち続けていた核周辺の景色、その景色にあらわれる兆候を撮っている」

そして、韓洪九さんから、鄭周河写真展「奪われた野にも春は来るか」のなりたちやエピソードが紹介され
今回のブックコンサートの経緯、写真展タイトルにこめられた想いについてお話しがありました。



記念トーク2
徐京植さんはご自身から見た鄭周河写真展「奪われた野にも春は来るか」、そして日本の現状とこれからの東アジアについて語られました。
「5年という歳月は、昨日のことのように思える時間でもありまた忘却には十分な時間でもある」
「現在の日本には忘却させようとする強い権力が発生している」
「日本政府の歴史における加害認識とフクシマにおける加害認識は同じ構造にある」
「韓国、日本、中国の原発の現状。歴史においてだけではなく、ここからも東アジアの苦痛の連帯について省察が必要」
「私たちには、"記憶し記録すること"と"痛みへの想像力"が要求されている」


会場からは
「フクシマについて他にも作家がいるか その人たちとの連帯はあるか」
「国家権力による作品への圧力について」
「鄭周河さんから見て、撮影された5年間に変わったものは」
などの質問があがり鄭周河さん徐京植さんがそれぞれ話されました。

会の終わりに話されたお一人ずつの来場者へのメッセージです。

韓洪九さん
「私たちに何ができるか」
「絶望をどう克服するのか」
「記憶は抵抗の力である」
「私たちは必ず記憶し記録する」
「情報を分かち合い協調していきましょう」

徐京植さん
「原民喜の訴えは何だったか」
「70年後に生きる私たちが原民喜から受けとるものはなにか」

鄭周河さん
「地球は時速1680kmで回っている。だれしもが無関係ではいられない。アンテナを立てて自分から考えてみてほしい」


終わった後には、サインを求めて多くの人が並んでいました。

  1. 2016/03/17(木) 03:43:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

アウシュヴィッツ平和博物館よりチラシをいただきました

福島県白河市のアウシュヴィッツ平和博物館にて4月から始まる鄭周河写真展「奪われた野にも春はくるか」のチラシを送っていただいたので掲載します。
前の巡回展を見逃した方、もう一度見たいという方、ぜひいらしてください。

鄭周河写真展j

鄭周河写真展j2
  1. 2016/03/14(月) 21:10:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

写真展記録本 ハングル版出版のお知らせ2

先日もお伝えしましたが昨年、高文研から出版された「奪われた野にも春はくるかーー鄭周河写真展の記録」のハングル版(タイトル「ふたたびフクシマに向き合うということ」)が、この3月に韓国のBANBIより出版されます。
出版を記念して3月4日にソウルで行われるイベントをご紹介します。

『ふたたびフクシマに向き合うということ』出版記念ブックコンサート

3.1と3.11をつなぐ
植民地朝鮮とフクシマ
記憶/歴史とフクシマ
フクシマと芸術
フクシマと連帯

写真家 鄭周河、歴史家 韓洪九、作家 徐京植、声楽家 ソンヒョンサンによる写真+歴史+音楽コンサート

日時 2016年3月4日(金)19時30分
場所 프른역사아카데미 청사홀
(총로구 사직로 8길 5 JNJ 빌딩 3층)

申し込みはこちらから(韓国語のサイトへ)


푸른역사아카데미_반비_강연_수정본

  1. 2016/02/29(月) 10:14:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

「奪われた野にも春は来るか」写真展 ふたたびの巡回展

2013年〜2014年の「奪われた野にも春は来るか」鄭周河写真展にはたくさんの方々のご協力の上で写真展実行委員会が巡回展をおこないました。
2016年の今年4月より、写真展実行委員の手を離れて巡回展が開かれます。


4月23日~6月20日 アウシュヴィッツ平和博物館企画展示室/原発災害情報センター多目的ホール
ギャラリートーク
   4月24日13:30~
     鄭周河 × 高橋哲哉 × 徐京植

主催 認定NPO法人アウシュヴィッツ平和博物館

8月1日~16日 長野県松本市神宮寺セレモニーホール トークは未定
主催 神宮寺

8月20日~31日 長野県富士見町 「楽の家」 トーク予定
主催 アウシュヴィッツ富士見友の会


より詳細がわかりしだい
このブログでもお伝えしていきます。

  1. 2016/02/23(火) 14:25:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

雑誌「詩人会議」2016年3月号

鄭周河さんは南相馬をひきつづき撮り続けています。
今までとこれからのことが、雑誌「詩人会議」3月号にインタビューとして掲載されています。

詩人会議3月号 4
  1. 2016/02/05(金) 21:57:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

韓国語版出版のお知らせ

情報が変わりました、新しい記事をご覧下さい。

2015年7月に高文研から出版された「奪われた野にも春は来るか---鄭周河写真展の記録」の韓国語版が出版社バンビから刊行されることになりました。
鄭周河さんと徐京植さんの出版記念トークが、翻訳者のヒョンジニさんも交えて韓国ソウルで行われます。
ご参加お待ちしております。

日時/ 2016年3月4日(金)19:00より
場所/ 西橋洞 カトリック青年会館  프른역사아카데미 청사홀
最寄駅/ 地下鉄2号線 弘大入口  光化門
予約不要
  1. 2016/01/29(金) 11:56:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

「高橋哲哉さん × 徐京植さん」トークイベントのご報告

 2015日9月16日に、神田 東京堂ホールにて「奪われた野にも春は来るかー鄭周河写真展の記録」刊行トークイベントが行われました。
 この日は奇しくも安保法案特別委員会の当日で国会前をはじめ多くの人が国会の動向から目を離せない日でした。
 お二人のトークは、徐京植さんの「今進行していることも心の中に落ちながら、ここではもう少し長いレンジで、もう少し過去からもう少し未来まで、想いを馳せながら考えてみる機会になればと思っております」という言葉から始まります。
 この日のトーク内容は、雑誌「詩人会議」1月号に掲載される予定です。

IMG_2743.jpg



  1. 2015/10/15(木) 16:33:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

いよいよ来週です

「奪われた野にも春は来るか」高文研の刊行記念トークイベントがいよいよ来週となりました。
皆さま こぞってご参加ください。
入場には予約が必要ですのでよろしくお願いします。

『奪われた野にも春は来るか──鄭周河写真展の記録』(高文研)刊行記念トークイ
ベント 高橋哲哉さん×徐京植さん

開催日時:2015年9月16日(水) 19時〜(開場18時30分)

開催場所:東京堂書店 神田神保町店6階 東京堂ホール

参加方法:参加費800円(要予約・ドリンク付き) 店頭または電話・メール
(shoten@tokyodo-web.co.jp)にて、「高橋さん徐さんトークイベント参加希望」と
お申し出いただき、名前・電話番号・参加人数をお知らせ下さい。 電話
03-3291-5181 イベント当日と前日は、電話にてお問い合わせ下さい。

※当日17:00より1階総合カウンターにて受付を行います。 参加費800円(ドリンク
付き)をお支払い頂いた上で、 1Fカフェにて、カフェチケットと指定のドリンクを
お引換えください。 イベントチケットは6階入口にて回収致しますので、そのまま
お持ちください。 尚ドリンクの引換えは当日のみ有効となります。

東京堂書店HP
  1. 2015/09/08(火) 20:42:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

トークイベントのお知らせ

『奪われた野にも春は来るか ─ 鄭周河写真展の記録』(高文研)
刊行記念トークイベント 高橋哲哉さん×徐京植さん

東京堂書店HP


日時:2015年9月16日(水) 19時〜(開場18時30分)

場所:東京堂書店 神田神保町店6階 東京堂ホール

参加方法:参加費800円(要予約・ドリンク付き) 店頭または電話・メール(shoten@tokyodo-web.co.jp)にて、「高橋さん徐さんトークイベント参加希望」とお申し出いただき、名前・電話番号・参加人数をお知らせ下さい。 電話 03-3291-5181 イベント当日と前日は、電話にてお問い合わせ下さい。

※当日17:00より1階総合カウンターにて受付を行います。 参加費800円(ドリンク付き)をお支払い頂いた上で、 1Fカフェにて、カフェチケットと指定のドリンクをお引換えください。 イベントチケットは6階入口にて回収致しますので、そのままお持ちください。 尚ドリンクの引換えは当日のみ有効となります。

どうぞお越しくださいますよう。


  1. 2015/08/04(火) 21:29:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

『「奪われた野にも春は来るか」鄭周河写真展の記録』出版のお知らせ

皆さま

 「奪われた野にも春は来るか ― 鄭周河写真展」の実施に際して、多大なるお力添えをいただきましたこと、あらためて感謝申します。お蔭さまで日本全国六か所を巡回した写真展は成功裏に無事終了しました。各展示会場で行われたギャラリー・トークで交わされた議論は「原発」のみならず、「希望」、「植民地主義」、「連帯」、「芸術」等々の問題をめぐる真摯な省察になったと考えます。私ども実行委員会は、この貴重な経験の記録を忠実に残し、できるだけ多くの人たちと分かち合うことを意図して本書を編みました。

 本書は、核のない未来、戦争のない未来を切り拓いていくため、私たちが大海に流す「投壜通信」(本書あとがき)といえます。ぜひ、この小さなガラス瓶を拾い上げ、通信文をお読み下さい。そして、それがより多くの人のもとに届きますよう、お力添え下さい。

2015年7月20日
   奪われた野にも春は来るか 鄭周河写真展実行委員会  徐京植


うば

2015年7月28日より発売

高文研「奪われた野にも春は来るか」

Amazon「奪われた野にも春は来るか」

  1. 2015/07/22(水) 21:11:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

写真展の記録 その後

全国6カ所を巡った写真展の記録が、この夏に、高文研から出版されることになりました。
ギャラリートークの書き起こしを中心として、写真展に出品された鄭周河さんの作品20点もカラーページで掲載予定です。




  1. 2015/05/11(月) 21:54:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

雑誌「詩人会議」1月号、2月号

詩人会議2015年1月号、2月号で、鄭周河さんの2014年「野馬追祭り」の作品が掲載されています。


詩人会議1 詩人表紙2

詩人会議HP



  1. 2015/01/26(月) 06:58:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

写真展の記録

福島、埼玉、東京、沖縄、長野、京都で行われたギャラリートークの書き起こしを中心に、写真展の記録を一冊の本にしようと検討中です。内容・出版時期等詳細は追ってご報告させていただきます。

  1. 2014/12/22(月) 15:26:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

書籍「フクシマを歩いて」

2012年3月に毎日新聞社より出版された「フクシマを歩いて/ディアスポラの眼から」徐京植 著。

「戦争や植民地支配によって離散者(ディアスポラ)となった人々の声を刻み続けてきた著者が、原発事故で生活を破壊された人々と向き合う。現代史の様々な苦難との関連のなかで福島の惨事を語る、3・11以後の思想的結晶!」帯より

当写真展への一歩。徐京植さんと鄭周河さんの出会いにも重なる一冊です。

hu.jpeg

毎日新聞社「フクシマを歩いて」



  1. 2014/11/17(月) 20:02:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

書籍『「ブラボー」隠されたビキニ水爆実験の真実』

2014年6月に平凡社より出版された『「ブラボー」隠されたビキニ水爆実験の真実』著者/高瀬 毅。

『水爆実験と遭遇した漁労長・見崎吉男の生涯と言葉を軸に”核に魅入られた”日本を検証し、その人類的な意味を問う、渾身のノンフィクション 60年前の歴史的瞬間とその闇にせまる決定版!底知れぬ”見えない”恐怖ービキニからフクシマへの道』 帯より

表紙カバーに、今回の写真展で展示された一枚「夜の海」が使われています。

bura.jpeg

平凡社 『「ブラボー」隠されたビキニ水爆実験の真実』

  1. 2014/10/14(火) 19:28:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

書籍「フクシマ以後の思想をもとめて」

当写真展実行委員でもある三人の先生方と鄭周河さんの写真による本が2014年2月に刊行されました。

『「フクシマ以後の思想をもとめて」日韓の原発・基地・歴史を歩く』
徐京植・高橋哲哉・韓洪九/著 鄭周河/写真 平凡社


ふく2

平凡社「フクシマ以後の思想をもとめて」




  1. 2014/09/12(金) 11:53:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

雑誌「詩人会議」

詩人会議2013年8月号で、東京 ギャラリー・セッションハウス・ガーデンで行われたオープニングトークの書き起こしが掲載されています。また、10月号では、「奪われた野にも」と題して当写真展作品から創作された7人の方の詩がモノクロ写真とともに掲載されています。

詩人8月

詩人会議HP



  1. 2014/09/10(水) 15:40:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

鄭周河写真展日本巡回展終了のご報告

311から3年半がすぎようとしています。
この間、皆さまの生活は何が変わり何が変わらなかったでしょうか?

韓国の写真家、鄭周河さんが福島を撮り始めたのは2011年11月、彼はそれ以前から韓国の原発風景を撮り続けていました。
境界を越えた対話と平和のための連帯の契機となることを願って、鄭周河写真展実行委員会が立ち上がり、
日本巡回展が、多くの方々のご支援とご協力を得て、2013年3月8日福島県南相馬市立図書館にて始まりました。その後、埼玉県東松山市の原爆の図丸木美術館、東京都新宿区のギャラリー・セッションハウス・ガーデン、沖縄県宜野湾市の佐喜眞美術館、長野県上田市の戦没画学生慰霊美術館「無言館」別館「信濃デッサン館」を巡り、京都市立命館大学国際ミュージアムにて2014年7月19日に最終日を迎えました。

8月31日には東京国分寺において来日中の鄭周河さんをお迎えして慰労会を行いました。
鄭周河さんは、南相馬市で千年続く「野馬追い祭り」にて福島の人々の今の姿を撮影された帰りに寄って下さいました。
今後も福島を撮り続けていかれるそうです。


写真展実行委員会では、秋頃までには会計報告をし、また、これまでの足取りや各地での反響を何らかの形で残していけるよう現在模索中です。
進渉報告をこちらのブログでまたご報告させていただきたいと考えております。

今一度、ご支援ご協力下さった皆さまと日本巡回展に関心をお持ちくださった皆さまにお礼を申し上げて、日本巡回展終了のご挨拶に代えさせていただきます。
ありがとうございました。

鄭周河写真展実行委員会 ブログ担当者


  1. 2014/08/17(日) 21:01:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

7月19日(土)トークイベント

昨年3月福島県南相馬市立中央図書館より始まった鄭周河写真展「奪われた野にも春は来るか」。埼玉、東京、沖縄、長野を巡り、立命館大学国際平和ミュージアムにて7月19日(土)に最終日を迎えます。
7月19日には立命館大学国際平和ミュージアム主催のトークイベントが行われますのでお知らせします。

◎トークイベント 福島を見つめた留学生たち
福島県と学校法人立命館との協定締結を契機に開催された「福島スタディーツアー」に参加した留学生たちが話題を提供し、2月に現地で見た風景と写真展の内容との比較を通じて、講師たちと共に福島のこれからに迫ります。

日時:7月19日(土)13:30~15:30
場所:立命館大学国際平和ミュージアム 2階 ミュージアム会議室
安斎育郎(国際平和ミュージアム名誉館長、名誉教授、放射線防護学・平和学)× 山口洋典(立命館災害復興支援室チーフディレクター、共通教育推進機構准教授)× 本学学生ほか
●トークイベントは申込不要、無料です。(使用言語:日本語)


立命館大学国際平和ミュージアムHP


  1. 2014/06/30(月) 18:53:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

想像巡らすきっかけとしての写真

6月10日 大阪日日新聞 関西美術探訪より


大阪日日新聞(朝刊)






  1. 2014/06/17(火) 20:05:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

トークセッションの様子

6月7日(土) 13:30~15:30
高橋哲哉(東京大学教授)×庵逧由香(本学教員)×本学学生などフロアからの発言による
トークセッションが行われました。


当日の様子はこちらにアップされています。
立命館大学国際平和ミュージアムHP



  1. 2014/06/15(日) 21:29:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

忘却を許さず、追い続けよう

朝日新聞関西スクエア No.160より

▼朝日関西スクエア

関西スクエア160



  1. 2014/06/03(火) 21:00:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

オープニングトークの様子

5月3日(土)のオープニングトークの写真をアップします。122人の方々がご参加されました。

立命全体


立_副館長
国際平和ミュージアム 加國副館長

立_ジュハ
鄭周河さん

立_徐
徐京植さん

立_河津
河津聖恵さん


当日の様子はこちらでも見られます。
立命館大学国際平和ミュージアムHP






  1. 2014/06/03(火) 20:58:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

韓国人の目から問うフクシマ

朝日新聞関西スクエア No.159より

▼朝日関西スクエア

関西スクエア159


  1. 2014/06/03(火) 19:17:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
前のページ 次のページ