鄭周河(チョン ジュハ)写真展 「奪われた野にも春はくるか」

鄭周河写真展関連の情報をお知らせしていきます。

4月8日(土) 徐京植 『フクシマ以後の生とは?』

講演会のお知らせです。
皆さまどうぞお越しください。

4月8日(土)14:00~16:30  高麗博物館にて 

徐京植(ソ・キョンシク) フクシマ以後の生とは? 『少数者の立場から』

 
スベトラーナ・アレクシエーヴィチ『セカンドハンドの時代』(松本妙子訳、岩波書店2016年)この作品は私に、「果てしなく続く苦悩の樹海」を想わせた。エレム・クリモフ監督の映画「炎628」(ソ連1985)に描写された、あのベラルーシの深い森と湿地である。針路も出口も見えないその樹海を、どのように歩き通せばよいのか。本書には、見えない運命の力に引き寄せられるように、すすんで不幸や苦悩に身を沈める人々(多くは女性)が多く登場する。ドストエフスキーらロシア近代文学に通底する世界。ここに、ある「普遍性」が示唆される。あまりにも苛酷で凄絶な「普遍性」である。
 彼女の代表作『チェルノブイリの祈り』(岩波現代文庫)には「未来の物語」という副題が付いている。チェルノブイリ事故でさらけ出された破局的様相が人類すべての未来を覆うだろうという予感である。著者は今年11月下旬に来日した機会にフクシマの原発事故被災地を訪れ、私もそれに同行した。旅を終えて東京に戻った彼女は東京外大での講演でこう述べた。「フクシマには、私がチェルノブイリでみたものがすべてある」。「国家は自らを守り、人間たちを守らない」。「日本社会に“抵抗”がないことに驚いた。チェルノブイリ事故の際にも、国家への抵抗がほとんどなかったが、それはわが国(旧ソ連)が全体主義国家だったからだと考えていた。では、日本はどうなのか?」

立_徐
徐京植さん

300p地図


 

  1. 2017/03/20(月) 08:35:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

2月18日、鄭周河さん講演会

高麗博物館にて、2月18日に鄭周河さんの講演会が行われ、85人ほどの方がご来場されました。
東京では2度目ということもあり、今回は「奪われた野にも春は来るか」シリーズ『以前』から『以後』の作品スライドを見ながら、鄭周河さんがなぜ福島を撮るのかを話してくださいました。(通常、作家は発表前の作品を簡単には公開しないそうです)
『以前』の作品は、精神障害者「収容所」を撮った『惠生園』、ドイツの孤独な老人たちにフラッシュを当てた『写真的暴力』、ドイツ留学から帰国後の『大地の声』『西方の海』『不安、火-中』。
『以後』の作品は、避難区域が事故地点20キロから10キロになった後に、避難解除された10キロの間で撮った『南相馬の外に入る』や事故があった年にも開催された『野馬追』などなど2016年までの作品が紹介されました。

鄭周河さんが韓国の大学で教鞭を執りながらも、毎年来訪して「福島の日常」を撮影しつづけるその行為自体が福島の人々を孤立させないという連帯のメッセージでもあり、来場者の方々へも福島への連帯を呼びかけていらっしゃいました。

高麗ブログ

より詳しくはまた数日後にアップします。

  1. 2017/02/23(木) 22:37:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

高麗博物館にて始まりました

高麗入口
エレベーターで7階へ、高麗博物館の入口です

IMG_5632.jpg

IMG_5647.jpg

IMG_5672.jpg

IMG_5669.jpg

高麗博物館は「市民がつくる日本コリア交流の博物館」として2001年にひらかれ、ボランティアの方々を中心にテーマを決めて学びながら展示を続けていらっしゃるそうです。

今回、来館者の方々には座ってごゆっくり写真展関連資料を読んでいただくことができます。

「奪われた野にも春は来るか」鄭周河写真展は、今日から4月30日まで3ヶ月間ひらかれます。
みなさま、ぜひお越しください。
 


  1. 2017/02/01(水) 23:43:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

2月18日(土) 鄭周河ギャラリートーク

日本で10回目、東京で2回目となる東京都新宿区、NPO法人「高麗博物館」での展示が2月1日(水)から始まります。
2月18日(土)には、韓国から鄭周河(チョン ジュハ)さんがお越しになりギャラリートークが開かれます。

今回の展示「奪われた野にも春は来るか」シリーズは、2011年の11月から2012年の2月にかけて撮影された福島の風景です。鄭周河さんはその後も毎年福島に訪れ、2013年に避難区域の一部が解除された頃には、モノクロ写真の「外に入る」シリーズ、2014年には福島 相馬地方で1000年以上続いている(震災のあった2011年にも開催された)お祭り『野馬追』の風景や人々をとった「直面」シリーズ、2015年からは避難住宅に暮らす人たちが元の家の前で家族写真を撮る「家族写真」シリーズを制作中です。
18日のギャラリートークでは、「奪われた野にも春は来るか」以降のそれらの作品もスライドで見せていただける予定です。そこから震災後の福島で暮らす人々の日常を、見て、感じて、共有してほしいと、鄭周河さんはおっしゃっています。

ギャラリートーク、皆さま、どうぞお越しください。

2月18日(土)14:00〜16:30
場所:高麗博物館
今回は、事前予約と入場料が必要です。
予約先等の詳細は添付の案内をごらんください。

高麗チラシ表

高麗チラシ裏


  1. 2017/01/20(金) 10:24:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

高麗博物館

高麗見開
(高麗博物館展 図録表紙)

先日お伝えしましたとおり、東京で2度目の写真展が2月1日(水)より東京都新宿区の高麗博物館で始まります。
きたる2月18日(土)には、鄭周河さんが韓国から来日されギャラリートークも予定されています。


  1. 2017/01/06(金) 00:32:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
前のページ 次のページ