鄭周河(チョン ジュハ)写真展 「奪われた野にも春はくるか」

鄭周河写真展関連の情報をお知らせしていきます。

原爆の図丸木美術館にて、始まります

開期 2013年4月16日(火)~5月5日(日・祝)


オープニングトーク・講演のご案内

4月16日(火) 14:00~16:00
オープニングトーク 
鄭 周河 (チョン ジュハ)×東海林 勤 (しょうじ つとむ)
司会:早尾 貴紀(はやお たかのり )
*入館券が必要です。
*当日は、午後1時に東武東上線森林公園駅南口に美術館の送迎車が出ます。


5月5日(日・祝) 13:30~14:45
丸木美術館開館46周年記念日の集いの一環として
講演:高橋哲哉 (たかはし てつや)

*詳しくは丸木美術館HP 
http://www.aya.or.jp/~marukimsn/top/event.htmをご覧ください。
*この日は高校生以下入場無料。



東海林 勤
1932年生まれ。牧師・高麗博物館理事。1970年代より韓国の民主化運動を支援、在日朝鮮人の問題に携わるかたわら日韓キリスト教関係史を研究。「平和・核問題委員会」や「原子力行政を問い直す宗教者の会」を通して、原発問題にも関わってきた。


高橋 哲哉
1956年福島県生まれ。哲学者・東京大学教授。現代思想・哲学研究のほか、戦争責任や歴史認識の問題に積極的に発言。『戦後責任論』(講談社)、『靖国問題』(ちくま新書)、『犠牲のシステム福島・沖縄』(集英社新書)、ほか著書多数。

早尾 貴紀
1973年福島県生まれ。東京経済大学非常勤講師。大地震時は仙台在住。原発事故後、子どもを連れて避難。その後、避難・疎開を支援。著書に『ユダヤとイスラエルのあいだ――民族/国民のアポリア』、共著に『津波の後の第一講』(岩波書店)ほか。

DSC_9473.png

スポンサーサイト
  1. 2013/03/23(土) 13:41:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://ubawaretanonimo.blog.fc2.com/tb.php/8-a9f47c8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)