鄭周河(チョン ジュハ)写真展 blog「奪われた野にも春はくるか」

鄭周河写真展関連の情報をお知らせしていきます。

写真展 南相馬中央図書館にて、いよいよ始まります

3月8日(金)〜10日(日) 8日 10時〜20時 9日・10日 10時〜17時
南相馬中央図書館(JR東日本 常磐線 原ノ町駅前)
住所:福島県南相馬市原町区旭町二丁目7-1  TEL 0244-23-7789  

開催最終日のイベント情報をお知らせします。


3月10日(日) 13:00~15:00
ギャラリートーク 鄭周河×佐々木孝×徐京植

佐々木孝
1939年生まれ。清泉女子大学教授などを歴任。専門はスペイン思想・人間学。退職後、故郷の福島県南相馬に在住、原発事故後も自宅にとどまって妻の介護をつづけるこを選ぶ。その生活や怒りをつづったブログ「モノディアロゴス」をまとめた『原発禍を生きる』(論創社・2011年8月刊)は2012年に中国語でも出版され、2013年には韓国、スペインでも出版予定。

徐京植
1951年京都生まれ。作家・東京経済大学教授。『私の西洋美術巡礼』(みすず書房)、『中学生の質問箱 在日朝鮮人ってどんなひと?』(平凡社)、『フクシマを歩いて――ディアスポラの眼から』(毎日新聞社)ほか著書多数。2011年8月放送のNHK「こころの時代『私にとっての3・11』」で、佐々木孝さんを訪問。鄭周河氏の福島での撮影をサポート。



皆さま是非お越し下さいませ。

003小
スポンサーサイト
  1. 2013/03/03(日) 22:43:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://ubawaretanonimo.blog.fc2.com/tb.php/4-b4ed925c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)