鄭周河(チョン ジュハ)写真展 blog「奪われた野にも春はくるか」

鄭周河写真展関連の情報をお知らせしていきます。

沖縄展 佐喜眞美術館にて来週から始まります

佐喜眞美術館のお知らせより転載します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7月24日(水)より、
鄭周河(チョン・ジュハ)写真展「奪われた野にも春は来るか」を開催いたします。

鄭周河写真展「奪われた野にも春は来るか」
会期=2013年7月24日(水)~8月26日(月)
開館時間=9時30分~17時 火曜休館

◎本展のスペシャル・プログラム 映像とアーティスト・トーク
日時:7月27日(土)13:00~
料金:無料 (ただし要入館料)
《プログラム内容》
13:00~14:00 映像上映
14:00~16:00 アーティスト・トーク
パネリスト=鄭周河(チョン・ジュハ/写真家、百済芸術大学校教授)
比嘉豊光(写真家) 鎌倉英也(NHK専任ディレクター)
司会:徐京植(ソ・キョンシク/作家、東京経済大学教授)
ゲスト:韓洪九(ハン・ホング/韓国・聖公会大学校教授)

⇒ http://sakima.jp/?p=822
※本展のチラシPDFは当館ホームページよりダウンロードできます。

韓国の写真家・鄭周河さんは、2011年以来、福島の被災地を撮影し続けてきました。鄭さんの写真には、原発事故前もそうだったろう日常の風景、自然や家々がひっそりと写るのみです。
「変わらない風景」が、「奪われたもの」を静かに訴え、見る者を深い省察へと導いていきます。
今年3月、南相馬市からスタートし、埼玉の原爆の図丸木美術館、東京を回っている巡回展です。

20130724_ubawaretanonimo.jpg


スポンサーサイト
  1. 2013/07/15(月) 17:21:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://ubawaretanonimo.blog.fc2.com/tb.php/26-95f7ef0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)