鄭周河(チョン ジュハ)写真展 blog「奪われた野にも春はくるか」

鄭周河写真展関連の情報をお知らせしていきます。

ソウル出版記念トークの記録が雑誌「詩人会議」に掲載されます

「奪われた野にも春は来るか−−鄭周河写真展の記録」(高文研)の韓国語版「다시 후쿠시마를 마주한다는 것」(반비)出版にあたって今年の3月4日にソウルで行われた講演会の記録が雑誌「詩人会議」2月号に前編、3月号に後編と分けて掲載されることになりました。

この写真展を契機に私たちが何を悩み、どんな問題を共に悩んだかについて記録に残そうとこの本をつくりました。もともと韓洪九さんの問題提議で始まり、鄭周河先生の写真でこうして実現し日本でも写真展が開かれたのです。そこで提議された、哲学的、政治的、歴史的問題を、とりあえずここに残すことができた。これが韓国語に翻訳され、韓国で皆さんのお手元に届いた。言ってみれば「苦痛の連帯」の一歩と言えると思います。(徐京植/ソウルでの講演会より)

出版記念トーク1

ソウル出版記念講演会ブログ記事はこちら 


記録本  韓国版表紙


詩人会議へのお問合わせはこちら

スポンサーサイト
  1. 2016/12/10(土) 23:55:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://ubawaretanonimo.blog.fc2.com/tb.php/117-4a88d968
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)