FC2ブログ

鄭周河(チョン ジュハ)写真展 blog「奪われた野にも春はくるか」

鄭周河写真展関連の情報をお知らせしていきます。

雑誌「詩人会議」2019年2月号イスタンブールの人々

2018-2月号

トルコ、イスタンブール。
 人の大きさと小ささが同時に写る。6世紀に造られたアヤソフィア(聖なる叡智)。権力の争いを経てキリスト教からイスラム教の聖堂となった。釣り下がるシャンデリアは、オスマントルコ時代に英国から輸入された硝子がふんだんに使われたもの。東洋と西洋が融合する都市にて、作家2018年の作品。(『表紙写真あれこれ』より)

2018_2.jpg

スポンサーサイト
  1. 2018/12/29(土) 23:24:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

2019年度も雑誌「詩人会議」の表紙を飾ります

2018年度は、鄭周河さんがこれまで撮られた「日本各地の風景」が雑誌「詩人会議」の表紙を飾りました。
2019年度は「世界各国の人びと」が登場です。

1月号は、2009年フランスの人々です。

1月号

「昨年度の表紙のことばを翻訳されていた柳裕子さんによる『表紙写真あれこれ』より」

フランス、エッフェル塔。
建設反対派の一人モーパッサンは、完成後エッフェル塔のレストランによく通ったという。ここからはエッフェル塔が見えないからと。それから120年、生まれた時からあるエッフェル塔の袂に語らいくつろぐ若者たち。そこで写真作家は何をみたか。そして私たちは。


詩人1月号





  1. 2018/12/03(月) 15:33:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0