FC2ブログ

鄭周河(チョン ジュハ)写真展 blog「奪われた野にも春はくるか」

鄭周河写真展関連の情報をお知らせしていきます。

雑誌「詩人会議」11月号表紙掲載写真

表1

写真/2015福島

11月号のことば(鄭周河)
いま私の大きな関心事は「統一」だ。釜山から列車で、開城、平壌を経てヨーロッパへ、という希望が即ち「統一」である。
難しいイデオロギーや政治的配慮はさておき、ある日駅に行き、ベルリンまでの切符を買い、旨い焼酎二本をカバンに入れて列車に乗るという夢を見る。日本にいる友たちよ、共に行けるだろうか。

※「ことば」は、写真の解説ではありません。

スポンサーサイト
  1. 2018/09/30(日) 17:05:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

雑誌「詩人会議」10月号表紙写真

10月号


写真/2015福島

10月号のことば(鄭周河)
私たちは、とてもりっぱな政治家を失った。魯会燦(ノ・フェチャン)。
彼はいつも力を持たない弱者に頭を垂れ、彼らと息を合わせ励まし過ごしてきた。
彼がいつも見せてくれた自由と平等に向かった謙虚な行動は私たちがこれから引き継いでいかねばならないだろう。
彼は良心の呵責と自責の念で一人旅立った。過去、盧武鉉(ノ・ムヒョン)が選んだその方法で。
彼が遺した最後の言葉は、切迫した状況に押いやられた労働者の勝利と、これからも持続されるべき新たな政治の前進を願うものだった。
私もまた頭を垂れ、彼の最後に行く道が平安であることを祈る。

(訳者注)魯会燦は韓国正義党院内代表を務めた国会議員。2018年7月23日逝去。葬儀場や告別式会場では、大学生、子どもの手を引いた家族、作業服を着た会社員など、連日数千人の弔問客が列をなした。


※「ことば」は、写真の解説ではありません。
  1. 2018/09/01(土) 22:53:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0