FC2ブログ

鄭周河(チョン ジュハ)写真展 blog「奪われた野にも春はくるか」

鄭周河写真展関連の情報をお知らせしていきます。

雑誌「詩人会議」4月号、5月号表紙掲載写真

詩人4月号

「2015年福島」

4月号表紙のことば
「いま韓国は寒い冬。単に気温が低く身体を震わす寒さだけでなく、暮らしの温もりが足りずにより寒いのだ。特に、若い世代に与えられた「寒さ」は、彼らが被る失業率ほどに過酷である。そしてまた、若い世代の視軸が向かう仮想通貨という幻影が、彼らを凍死させるのではと心配である。」




詩人5月号


「2013沖縄」

5月号表紙のことば
「統一」や「平和」という言葉が必要な場所は、実は「分断されている」「葛藤がある」ことを意味するのだと考えます。今の韓国は、いたく切実にこの二つの言葉が絡みあった状況です。分断を越え平和な未来へ、まさに今進もうと尽力しています。新しい政府の努力が徒労に終わらないよう願っています。」




※「表紙のことば」は、表紙写真についてではなく、鄭周河さんが韓国の今について書いたものです。




スポンサーサイト
  1. 2018/03/31(土) 22:14:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

アウシュヴィッツ平和博物館 2018.03.01〜04.15

「奪われた野にも春は来るか」鄭周河写真展が、3月1日から4月15日までアウシュヴィッツ平和博物館にて開催されます。

アウシュヴィッツ平和博物館は、福島県白河市にある市民が建て運営している博物館です。
常設展示のアウシュヴィッツの記録も必見です。
「平和の広場」の奥には第二常設展示室となる貨物車があります。中に入って当時なにがおきていたのか想像を巡らせてみてください。


平和の広場
2016年4月 撮影/鄭周河(写真中央が貨物車)

アウシュヴィッツ地図
(写真、地図/アウシュヴィッツ平和博物館サイトより)

東北新幹線「新白河」駅から車で10分、JR東北本線「白坂」駅から徒歩5分、東北自動車道「白河IC」から車で10分です。

認定NPO法人アウシュビッツ平和博物館のサイトは→こちら



  1. 2018/03/01(木) 15:04:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0