鄭周河(チョン ジュハ)写真展 「奪われた野にも春はくるか」

鄭周河写真展関連の情報をお知らせしていきます。

4月8日(土) 徐京植 『フクシマ以後の生とは?』

講演会のお知らせです。
皆さまどうぞお越しください。

4月8日(土)14:00~16:30  高麗博物館にて 

徐京植(ソ・キョンシク) フクシマ以後の生とは? 『少数者の立場から』

 
スベトラーナ・アレクシエーヴィチ『セカンドハンドの時代』(松本妙子訳、岩波書店2016年)この作品は私に、「果てしなく続く苦悩の樹海」を想わせた。エレム・クリモフ監督の映画「炎628」(ソ連1985)に描写された、あのベラルーシの深い森と湿地である。針路も出口も見えないその樹海を、どのように歩き通せばよいのか。本書には、見えない運命の力に引き寄せられるように、すすんで不幸や苦悩に身を沈める人々(多くは女性)が多く登場する。ドストエフスキーらロシア近代文学に通底する世界。ここに、ある「普遍性」が示唆される。あまりにも苛酷で凄絶な「普遍性」である。
 彼女の代表作『チェルノブイリの祈り』(岩波現代文庫)には「未来の物語」という副題が付いている。チェルノブイリ事故でさらけ出された破局的様相が人類すべての未来を覆うだろうという予感である。著者は今年11月下旬に来日した機会にフクシマの原発事故被災地を訪れ、私もそれに同行した。旅を終えて東京に戻った彼女は東京外大での講演でこう述べた。「フクシマには、私がチェルノブイリでみたものがすべてある」。「国家は自らを守り、人間たちを守らない」。「日本社会に“抵抗”がないことに驚いた。チェルノブイリ事故の際にも、国家への抵抗がほとんどなかったが、それはわが国(旧ソ連)が全体主義国家だったからだと考えていた。では、日本はどうなのか?」

立_徐
徐京植さん

300p地図


 

スポンサーサイト
  1. 2017/03/20(月) 08:35:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0