鄭周河(チョン ジュハ)写真展 blog「奪われた野にも春はくるか」

鄭周河写真展関連の情報をお知らせしていきます。

書籍「フクシマを歩いて」

2012年3月に毎日新聞社より出版された「フクシマを歩いて/ディアスポラの眼から」徐京植 著。

「戦争や植民地支配によって離散者(ディアスポラ)となった人々の声を刻み続けてきた著者が、原発事故で生活を破壊された人々と向き合う。現代史の様々な苦難との関連のなかで福島の惨事を語る、3・11以後の思想的結晶!」帯より

当写真展への一歩。徐京植さんと鄭周河さんの出会いにも重なる一冊です。

hu.jpeg

毎日新聞社「フクシマを歩いて」



スポンサーサイト
  1. 2014/11/17(月) 20:02:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0