鄭周河(チョン ジュハ)写真展 blog「奪われた野にも春はくるか」

鄭周河写真展関連の情報をお知らせしていきます。

沖縄・佐喜眞美術館 ギャラリートークの日程をお知らせします

以下を予定しています。

2013年7月27日(土)

映像上映13:00〜14:00
NHK・ETV 「こころの時代 奪われた野にも春は来るか」

ギャラリートーク14:00〜16:00
鄭周河(写真家、百済芸術大学校教授)、比嘉豊光(写真家)、鎌倉英也(NHK 専任ディレクター)<予定>
司会:徐京植(作家、東京経済大学教授) ゲスト:韓洪九(韓国・聖公会大学校教授)

皆さま、是非お越し下さい。

スポンサーサイト
  1. 2013/06/23(日) 22:29:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

写真集「奪われた野にも春は来るか」/写真展パンフレットの販売始めました

お待たせいたしました。
こちらのサイトで写真集とパンフレットが購入できます。

http://haruwakuruka.thebase.in/

写真集他


どうぞご利用下さい。

  1. 2013/06/17(月) 17:58:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

沖縄展 佐喜眞美術館にて開催されます

2013年7月24日(水) ~ 8月26日(月)

オープニングトーク等企画中です。決まり次第お知らせいたしますのでお楽しみに。

佐喜眞美術館 • • • • • • • • • • • • • • • • • • • • • • • • • • • • • •
〒901-2204 沖縄県宜野湾市上原358
TEL 098-893-5737 FAX 098-893-6948
ウェブ http://sakima.jp
メール info@sakima.jp

開館時間 9:30-17:00 (火曜休館)
入館料 大人700(630)円 中高600(540)円 小人300(200)円
※( )内は20名以上の団体料金

■□友の会会員は無料で入館できます
佐喜眞美術館《友の会》は、随時、会員募集中です。
一年間、何度でも無料で入館できるパス(会員証)を発行いたします。
詳しくは⇒ http://sakima.jp/?page_id=43
もしくは美術館受付までお問い合わせください。

韓国の写真家・鄭周河さんは、2011年以来、福島の被災地を撮影し続けてきました。鄭さんの写真には、原発事故前もそうだったろう日常の風景、自然や家々がひっそりと写るのみです。
「変わらない風景」が、「奪われたもの」を静かに訴え、見る者を深い省察へと導いていきます。今年3月、南相馬市からスタートし、埼玉の原爆の図丸木美術館、東京を回っている巡回展です。




  1. 2013/06/09(日) 21:04:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

たくさんのご感想をありがとうございました。2

「美しい風景の裏にある現実を、今、改めて意識しています。後世に真の意味で住みやすい環境を残すために、勇気を出して声をあげる必要があります。今回の写真展をもっと多くの人に見ていただきたいです。そして私も小さなことでもよいからアクションをしていかねば、と思いました。」

「人の姿の見えない美しい風景、あまりにも美しいのに心の底に不安感がまざります。何十年もいや何百年も住むことのできない土地を生み出した私たちは、これからも生き続ける子どもたちのために、新しい生き方をせねばと思います。」

「自然の側に身を置いて人為を観る。人間中心主義でないこの視座が、これからますます大事になるでしょう。」

「丸木美術館でも観ましたが、またじっくり観て感じたいと思ってきました。人のいない寂しい、でも力強い自然の風景を見ながらなんとも言えない気持ちがやってきます。福島の詩人の若松太郎の“神隠しされた街”という詩を想いました。チェルノブイリの後に福島のことを書いたこの詩は、今の現実への“兆候”を捉えたものでした。韓国の原発を撮影した写真集を見ましたが、あの写真の中にある“不安”“ゆがみ”がこの不自然な人のいないまち、福島の光景につながってしまっているような気がして、心が苦しくなりました。」

「昨年、福島、宮城を訪れたときは、胸の奥がざわついて、できれば早く帰りたいと思いました。今日、この写真を見て、もう一度訪ねたい、そしてできればそこにいる人たちと話したいと思います。」

「止まってしまっている動かない時間がフレームの中にある。そのことが人を立ち止まらせる。空も木も草も美しいのに何故にこんなにも無残なのか。怒りや問いかけ、行動も大切だが、静かな空間で言葉にならないものに向きあうことができたことに感謝したい。」
  1. 2013/06/04(火) 18:11:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0